受け付け薬剤師の仕事?

自分の体でつらい症状がある場合は病院に行きますよね。
そこで私達、薬剤師の仕事が発生します。
しかし症状の診断を下すのはあくまでお医者さまです。
指示された通りの薬を調合するのが薬剤師の仕事です。
お薬を渡すときに患者さまに説明をします。
最後には必ずわからないこと、不安に思うことなどがあるか質問します。
そこで自分の症状を説明しようとする患者さまがいらっしゃいます。
悪いことではないのですが話しが長くなると困ることがあります。
病院の待ち時間が長いのは誰しも知っていることです。
最後の最期であるお薬を渡す時間までも待たせるのは心苦しいですから。
薬剤師も化切られた人数ですばやく正確にお渡ししています。
邪険にはできませんが他の患者さまのことも考えていただきたいです。