本当のうそ

『本当のうそ』というタイトルの本を読みました。
作家さんが12人のショートストーリーです。
作家さんの新規開拓を目指してみたんですけど、本当に短い物語ばかりで好みの作家さんをみつけることはできませんでした。
派手なオチを期待しているつもりはないけれど、ショートストーリーだと、え?これで終わり?ってなっちゃうことが多いんだなと思いました。
何作か読んだことがあって好意的な作家さんもいたのですが今思い返してみても印象に残らないものばかりでした。
物語を読んでいて自分で自然に予測をしているんですけどどれもその予測にはあてはまりませんでした。
それが良いかというと微妙なところです。
自分が望んだオチの方がおもしろいと思うんだけど、それは私の好みの問題でしょうね。