歳をとっても健康でいたいものですね

1906年にアルツハイマー博士がアルツハイマー病を発見してから100年がたちました。
アルツハイマーになると嗅覚の衰えが初期段階であるとされています。
でも嗅覚の衰えは気が付きにくいですよね。
年中花粉症が起こる人もいるし鼻炎持ちの人もいますから。
100歳でもゴルフができる人がいます。
この歳になると骨はつぶれてくるものです。
しかしこの方は70歳の人よりも強い
骨の内部の骨髄で体をつくるし体を支える大切なものです。
骨が丈夫だということは長寿へつながるわけですね。
ゴルフの練習は骨にインパクトをあたえる。
骨のインパクトというのは骨密度につながっていく。
骨を丈夫にするにはカルシウムなどを食べるだけではいけません。
それに運動を加えなければ骨密度は強くなりません。