投票数をどう考えているのか

学校の近くを飛行機が通るので防音効果のある建物は閉めきると密閉率も高くて猛烈に暑いというのは想像にかたくないですよね。
そんな学校にエアコンをつけるべきか?という住民投票は賛成数56,921票だったそうです。
しかし投票率が低いし決定事項ではないと市長の意見があります。
元々この人が反対していたから起きたことです。
面白いのがこの市長の得票数は38,655票ということです。
この人が当選したときだって投票率は低いし票数も負けていますね。
そして、防衛省からのエアコン設置補助金を市長の判断で辞退していることも大勢の人に知ってもらったうえでもう一度市長選挙をしたら完全に当選しないですよね。
快適な環境にするのではなく、普通の温度に近づけて勉強する環境をつくるのはあたりまえだと思います。