一日につくられる鼻水の量

春が近づいてきましたね。
するとやってくるのが花粉です。
そこでクイズです。一日につくられる鼻水の量はどれくらいなんでしょうか。
牛乳瓶1本の200mg、ペットボトル1本の500mg、牛乳パック1本の1リットル。
正解は牛乳パックですって。
半分は鼻を加湿してすぐに蒸発してその半分は自らが飲み込いんでいるそうですよ。
鼻の孔の奥には鼻腔、表面は粘膜があります。
鼻水の役割は空気の加湿、加温、肺に適切な温度をおくるためです。
異物の排出をして花粉やウィルスが鼻に入ると自律神経を通じて鼻水をつくるように伝令されます。
熱いものを食べると鼻水が出るのは何故か?
温度や湿度の変化で鼻の粘膜への刺激があって湿気に脳が反応しているから出そうです。